カラダが得するお酒は大人がたしなむポリフェノール

グラス一杯のワインがもたらす美肌効果。洒落たイメージのお酒の中にはオンナの子に嬉しい効果が盛りだくさん。フランス人のお墨付き。ポリフェノールってこんなにすばらしい、片手に用意して今晩早速いただきましょう。

オトナに似合うドリンクだけで雰囲気キレイができあがる

女子会や家デートを盛り上げるお酒の定番。香りをかぐ仕草だけで少しオトナに近づく気がしますよね。20代女性がかわいらしく飲んでいてほしいものは甘めのカクテルと言われますが、30代以降の女性には深みがわかるコクのワインが似合う方が魅力的。モテ女の証かも。

お洒落とオンナ度アップのおいしい関係

そんなオシャレなイメージが先行しますが、一つ目の秘めたる力はアンチエイジング。たっぷりのポリフェノールには抗酸化の力があるので、お肌の老化を防ぐことができるのです。

お肌だけではありません。ワイン好きは長生きともいわれており、実際にお食事中にもお水代わりにワインをたしなむフランス人は心臓病の死亡率が低いというデータも。タバコも、脂質たっぷりのおいしい料理を味わっているのに、なぜか心臓病になりにくい“フレンチパラドックス”にならって健康や長寿にも一役かうその効果に注目すべきではないでしょうか。

日常的にしっかりとりたいポリフェノールの成分。がん、動脈硬化、アルツハイマーの予防としても重宝されている赤ワイン。知られざる魅力があふれているのです。日本でも葡萄酒を主流のアルコールに取り入れていきたいですよね。おいしく体に嬉しいワイン生活始めませんか?

今晩眠る前の飲みものはワインで決まり。チーズやクラッカーも添えて。豊かな香りに包まれて、ハイセンスな夜を楽しみましょう。

ポリフェノールに注目

5大栄養素や食物繊維に次ぐ栄養素として、ポリフェノールが注目され、研究が続けられています。

医学的には、分子内にフェノール性の、ベンゼン環やナフタレン環などの、ヒドロキシ基を持つ植物成分に該当されます。

解りやすく言うと、ほとんどの植物に含まれる、色素や苦みと、渋み成分の総称です。

その数は、5000種類以上にも及び、生命維持と種の保存を担っているそうです。

ちなみに、ポリは沢山のと言う意味らしく、フランスの科学者により発見され、名付けられています。

発表によると、チーズやバターの摂取量が、他国より多いにも関わらず、虚血性心疾患が少ない理由にありました。

赤ワインに含まれるポリフェノールが、動脈硬化などを防ぎ、様々な病気から体を守っていることが判明したのです。

過去からの文化による、痩せる方法と言えるでしょう。

そして、近代的なサプリメントの通販が人気となっています。

また、日本もフランスと同様に虚血性心疾患率の低く、西欧に比べ、脂肪の摂取率も少ない事が確認されています。

これは緑茶に含まれる、ポリフェノールの1種、カテキンやフラボノイドが豊富である事が解っています。

癌の予防にも期待がされており、名産地、静岡県のガン死亡率が全国平均より10%以上低いそうです。

↓現在最も注目されているダイエット商品はコレだ!
ゼニカル

更新情報

△PAGE TOP